ステファン エドバーグ

Stefan Edberg


「グレートジャーニーでした」 ロジャー・フェデラーが、約24年間におよぶプロテニスプレーヤーの現役生活を終えた。 41歳の決断だった。 僕は、テニスコート上にいることが大好き。 選手たちとプレーすることも大好き。 世界を転戦することも大好き。 勝つことも、負けて学ぶことも、自分にとって苦痛だと感じたことは本当になかった。 あらゆる面で自分のキャリアを愛していました。 ある時期がきたら誰もが決断しなければいけないこともわかっていました。 誰もがゲームから去らなければならないことも」 2021年ウインブルドン準々決勝で敗れて以来、フェデラーはまったくプレーできておらず、彼のATPランキングはすでに消滅していた。 現役最後の舞台が、ATPツアー公式戦ではなく、フェデラーのエージェンシーであるTeam8が中心になって作られたレーバーカップであることを意外だと感じた人も多いかもしれない。 だが今回、会場となったイギリス・ロンドンにあるO2アリーナは、2009年から2020年まで男子ツアー最終戦・ATPファイナルズの会場として使用され、フェデラーにとっては思い出の多い場所であった。 ステファン エドバーグ そして、最後のプレーは、公式戦ではまずあり得ないナダルとのドリームダブルス。 これ以上整った舞台は考えられない環境で、フェデラーは最後の挨拶を行なった。 「悲しくはありません。 最高の気分です。 試合中にケガをしそうで心配だったけど、最後までできてとてもうれしい。 アメイジングジャーニーでした」 妻のミルカさんや両親、フェデラーのコーチを務めたステファン・エドバーグさんに感謝を述べる際には大粒の涙を流したが、コートを一周してファンに別れを告げ、ジョコビッチをはじめとした選手たちにコート上で担ぎ上げられた時には笑顔も見せた。 最強なのに謙虚な姿 永遠に勝ち続けることなどありえないのに、それも可能ではないかと思わせるほど圧倒的な強さを披露したのが、フェデラーだった。 男子プロテニス界で、史上最強のオールラウンドプレーヤーと称され、テニス史に数々の金字塔を打ち立てた。 グランドスラム20勝、ツアー優勝103回、マスターズ1000大会優勝28回、ツアー最終戦出場17回(大会史上最多)、ツアー最終戦優勝6回(大会史上最多)、世界ナンバーワン在位310週、世界ナンバーワン連続在位237週、年間ナンバーワン5回。 2005年には、年間通算成績81勝4敗となり、ジョン・マッケンローが1984年に樹立したツアー年間最高勝率9割6部5厘(82勝3敗)まであと1つに迫った。 さらに2006年には、年間通算成績は92勝5敗で、これはフェデラーがシーズンに挙げた最多マッチ勝利数となった。 そして、2009年には、4大メジャーを全制覇するキャリアグランドスラムを達成した。 "フェデラー時代"を築き、多くの記録を残したが攻撃的なテニスとは対照的に、いったんプレーから離れれば、彼はいつも謙虚であった。 たとえば、2011年男子ツアー最終戦で優勝し、新記録となる6回目の優勝を成し遂げ、5回優勝のイワン・レンドルとピート・サンプラスを抜いた時、本人はあくまでも控えめだった。 「かなりうれしいし、本当に誇りに思う。 でも、自分がサンプラスやレンドルより優れているとは思わない。 比較してもらうのはうれしいけど」 また、フェデラーほど世界中で愛された選手はいないのではないだろうか。 どの国、どの大会、どの会場でもファンから愛情のこもった拍手や声援を一身に受けた。 人気が高かった理由のひとつに、フェデラーのテニススタイルが挙げられる。 彼は美しいテニスを体現できる数少ない選手のひとりだ。 流れるような華麗なテニスに魅了されたファンは実に多い。 特に、現代テニスでは少数派になった片手バックハンドストロークのスイングは秀逸で、フォームはまるでバレリーナのようなしなやかな端麗さがあり、同時に非凡な才能の輝きも感じられた。 2013年に成績が振るわなかったフェデラーを再浮上させたのが、2014~2015年にフェデラーのツアーコーチを務めたステファン・エドバーグさんだった。 エドバーグさんは、フェデラーの子供時代のアイドルだ。 もともとフェデラーは、サーブ&ボレーを多用する選手だったが、ナダルやジョコビッチの強力なリターンやパッシングショットに対してネットプレーは分が悪くなることが多くなり、ベースラインでの打ち合いを重視するようになっていった。 だが、エドバーグコーチは、再びフェデラーにネットプレーをなるべく多く使うようにアドバイスして、攻撃的なプレーを最大限に引き出し、成績も再び上向いた。 ちなみに、フェデラーのラストマッチで、試合前のコイントスを務めたのがエドバーグさんで、実に粋な計らいだった。 フェデラーのテニスキャリアにおいて、大きなケガはないというのが彼の特徴のひとつでもあったが、2016年2月、34歳の時に初めて左ひざの手術を行なった。 幸いにして戦列復帰は早かったが、当時次のようなコメントを残している。 「手術をしなければならないと聞いた時は、とても悲しかった。 医者を信じるしかなかった。 麻酔から覚めて、自分のひざを見た時、自分の足ではないように感じた」 その後は、2020年2月に右ひざの手術、6月に再手術。 2021年8月には右ひざの3度目の手術行なった。 当時40歳のフェデラーは、「僕の一番の動機は、日常生活に必要なコンディションを取り戻すことだった」と語り、自分の引退が近づいていることを悟ったかのようだった。 錦織圭にとって尊敬すべき存在 2017年の全豪オープンで、当時35歳ながら復活優勝できたことを、フェデラーは思い出深い出来事のひとつとして挙げている。 決勝の相手は、長年の好敵手であるナダルだった。 彼もまた、2016年に左手首のじん帯を痛めるケガをしたが、フェデラー同様に難局を乗り越え、決勝の舞台に辿り着いたのだった。 決勝は、3時間38分におよぶ5セットの名勝負となったが、フェデラーが5年ぶりとなるグランドスラムタイトルを獲得した。 「ふたりともに勝者にふさわしい試合だったけど、テニスには引き分けがないんだよね。 それは時には残酷なことだ」...

ステファン・エドバーグのサーブ&ボレー


ちなみに私は、 エドバーグの を真似ようとしたが、 特に高い打点でのショットで ラケット面を伏せれるほど 手首が柔軟ではなかったために 結局セミウエスタングリップに なってしまった。 とくに打球速度の速い では、ボールのバウンドが低く 、低い打点からボールを持ち上げる には、エドバーグの 薄いグリップはトップスピン ロブを打ちやすいので 彼は多用していた。 。 なので、弱点を言われたエドバーグの フォアハンド 相手がネットに出てきたときの パッシングショットは 比較的いいものがあったと 私は記憶している。 フォアハンドのグランド 弱点と言われていたエドバーグ。

ステファン・エドバーグ「北欧の貴公子」


エドバーグの弱点と言われたフォアハンドグランドストローク" title="エドバーグ ステファン">
彼らの中には今でもテニスに関わっている人もいる。 彼らの成功はテニスの歴史に永遠に残るものだ。 アンドレ・アガシ、シュテフィ・グラフ、ピート・サンプラスといった1990年代を支配していた選手たちだ。 ロジャー・フェデラー、セリーナ・ウィリアムズ、ラファエル・ナダルは今日のテニス界の大物かもしれない。 1990年代にコートに立ったテニス選手は、伝説に満ちている。

現役引退のロジャー・フェデラー。多くの人に愛されたスーパースターがテニス界に残した功績を振り返る


エドバーグのバックハンドは、 スライスショットが低く滑ることに定評が あり、相手に攻撃されにくいショットを ステファン エドバーグ それと、パッシングショットでは、ボレー対 一発の威力でいうと、エドバーグもベッカーに 勝るものがある。 厚いグリップは振り回し安定性と、厚い当たり を期待できるので、スピンの威力とともに エドバーグの 比べて強打出来る。 ビッグショットで勝ち負けをつけようとする プレーヤーは、そのショットの調子が悪いと 負けてしまう。 4大大会は、身体的な能力に加味して、 メンタル面での差が、その結果に大きく 出ている。 だから、筆者の得意なショットでもあるのだ。

フェデラーについて元世界1位のエドバーグが語る。「私を魅了するのは彼が進化を続けていること」(WOWOWテニスワールド)


外部リンク [ ]• (英語)• (英語)• (英語) タイトル 先代 ボリス・ベッカー ボリス・ベッカー ジム・クーリエ ジム・クーリエ 世界ランキング1位 1990年8月13日 — 1991年1月27日 1991年2月18日 — 1991年7月7日 1991年9月9日 — 1992年2月9日 1992年3月23日 — 1992年4月12日 1992年9月14日 — 1992年10月4日 次代 ボリス・ベッカー ジム・クーリエ ジム・クーリエ• 1973-1974 計40週• 1974 計8週• 1974-1983 計268週• 1977-1981 計109週• 1980-1985 計170週• 1983-1990 計270週• 1988-1989 計20週• 1990-1992 計72週• 1991 計12週• 1992-1993 計58週• 1993-2000 計286週• 1995-2003 計101週• 1996 計6週• 1998 計6週• 1999 計2週• 1999 計6週• 1999 計1週• 2000-2001 計9週• 2000-2001 計43週• 2001-2003 計80週• 2003 計8週• 2003-2004 計13週• 2004-2018 計310週• 2008-2020 計209週• 2011-2022 計373週• 2016-2017 計41週• 2022 計16週• 2022 計1週• 1973年8月23日の• 最初に在位した年-最後に在位した年 - 在位総週• 1976 — 計6週• 1979 — 計11週• 1981 — 計8週• 1981 — 計3週• 1986 — 計7週• 1986 — 計13週• 1989 — 計6週• 1990 — 計27週• 1990 — 計9週• 1990 — 計19週• 1991 — 計25週• 1992 — 計1週• 1993 — 計5週• 1994 ステファン エドバーグ 計6週• 1994 — 計8週• 1999 — 計4週• 2000 — 計5週• 2002 — 計20週• 2016 — 計9週• 2017 — 計26週• 2018 — 計8週• 2019年2月4日付• (1969年)• (1970年)• (1971・72年)• (1973年)• (1974年)• (1975年)• (1976年)• (1977-1• (1977-12• (1978・79年)• (1980年)• (1981・82年)• (1983・84年)• (1985年)• (1986年)未開催• (1987年)• (1988年)• (1989・90年)• (1991年)• (1992・93年)• (1994年)• (1995年)• (1996年)• (1997年)• (1998年)• (1999年)• (2000・01年)• (2002年)• (2003年)• (2004年)• (2005年)• (2006・07年)• (2008年)• (2009年)• (2010年)• (2011-13年)• (2014年)• (2015・16年)• (2017・18年)• (2019-21年)• (2022年)• (1968年・69年)• (1970年・71年)• (1972年)• (1973年)• (1974年)• (1975年)• (1976年-80年)• (1981年)• (1982年)• (1983年・84年)• (1985年・86年)• (1987年)• (1988年)• (1989年)• (1990年)• (1991年)• (1992年)• (1993年-95年• (1996年)• (1997年-2000年)• (2001年)• (2002年)• (2003年-07年)• (2008年)• (2009年)• (2010年)• (2011年)• (2012年)• (2013年)• (2014年・15年)• (2016年)• (2017年)• (2018年・19年・21年・22年)• (1968年)• (1969年)• (1970年)• (1971年)• (1972年)• (1973年)• (1974年)• (1975年)• (1976年)• (1977年)• (1978年)• (1979年-81年)• (1982年・83年)• (1984年)• (1985年-87年)• (1988年)• (1989年)• (1990年)• (1991年・92年)• (1993年)• (1994年)• (1995年・96年• (1997年・98年)• (1999年)• (2000年)• ステファン エドバーグ (2002年)• (2003年)• (2004年-08年)• (2009年)• (2010年)• (2011年)• (2012年)• (2013年)• (2014年)• (2015年)• (2016年)• (2017年)• (2018年)• (2019年)• (2020年)• (2021年)• (2022年).。 Dansk• Deutsch• English• Esperanto• Eesti• Euskara• Suomi• Gaeilge• Hrvatski• Magyar• Ido• Italiano• 한국어• Nederlands• Occitan• Polski• Svenska• 脚注 [ ]• 外国選手の名前は一般的には• スウェーデンオリンピック委員会公認のスポーツ飲料。 日本では3社の共同発売。 。
スラムダンク 宮城 髪型
ヽ('ω'*)広告です
今日の抽選 ナンバーズ3 / ナンバーズ4 / ロト6 の抽選があります 2022 年 9 月 22 日 ( 木曜日 )

ロト6のシミュレーションができます。 >>> クワコ カイコ

6 つの数字を選択
ヽ('ω'*)広告です。

ジョーシン 宝塚