ザ リトリート

ザ・リトリート 宿泊予約【楽天トラベル】


極北のサンクチュアリ 世界最大の青き露天風呂 ヨーロッパ最後の秘境と呼ばれるアイスランドはイギリスから北へ1300kmほど、ノルウェー海に浮かぶ氷の島だ。 その一方、火山活動は活発で火山と共存する生活が住民の間には根付いている。 つまりアイスランドとは火と氷の島なのだ。 首都レイキャビクから送迎車に乗り込み、国道41号線を南東へ向かう。 街を出ればすぐ溶岩地帯に出るはずだ。 島全体を覆うのは溶岩と永久氷河。 北緯65度という森林限界に位置しているため時折見かける緑は地表を覆う苔や低木ばかりだ。 そんな月面世界のドライブを30分ほど楽しんでいるとやがて目的地に到着する。 ターコイズブルーの温水が入江を満たす世界最大の露天温泉「ブルーラグーン」だ。 それは日本の温泉のスケールをはるかに超えている。 実はこの「ブルーラグーン」は天然の温泉ではない。 火山と共存するアイスランド人の知恵が生み出した人口の温泉施設なのだ。 驚異の絶景に囲まれた唯一無二の癒しのリゾート Lounge 1階にある「ラウンジ」ではリラックスタイムを。 レストラン以外ではバスローブ姿で自由にリゾート内を移動することができる。 天然資源に乏しいアイスランドでは、古来から地熱や蒸気、温水を熱源とする生活が営まれてきた。 1976年、地熱を利用した大規模な発電所がスヴァルツエンギに作られると、グリンダビークに安定した電気が供給されるようになる。 これは海水を含んだ温水で真水を温めるシステムで、発電の副産物として生じた温水を地下に流さずに溶岩地帯を満たしたのが「ブルーラグーン」の始まりだ。 日本同様温泉文化があるアイスランドでは、1987年にこの温泉が一般公開されるとたちまち人気のスパリゾートとなる。 それはひとえに地熱発電という、火山との共存を目指したアイスランド文化の賜物なのだ。 2018年には「ブルーラグーン」内に62のスイートルームとスパ、レストランからなるラグジュアリー・スパリゾート「ザ・リトリート」が誕生する。 近年の世界的な傾向として、建築には環境との調和や持続可能性を重視したサスティナビリティがマストとなっているが「ザ・リトリート」では施設内の電力や温水は全てスヴァルツエンギで生産されたものを使用している。 設計を担当したバサルト・アーキテクトは環境との調和を最重要視。 1266年の噴火によってできた溶岩地帯の上に作られているので、素材や色調はもちろんのこと周囲から突出するような高層階は一切ない。 自然に溶け込んでいるというより自然そのものの中にいるかのような落ち着きと安らぎを与えてくれる、それがなにより心地よい。 「ブルーラグーン」の温水自体は、実は牛乳のような乳白色。 その唯一無二の美しさは2012年ナショナルジオグラフィック誌が選ぶ「驚異の絶景25」に選ばれたこともあるほど。 絶景の温泉を堪能したあと、水面に浮かんでいるかのようなベッドルームで眠りにつく。 夜中にふと目を覚まして窓の外をみると、月夜に青く輝く「ブルーラグーン」が見える。 そんな神秘体験にも似た極上ステイができるのも「ザ・リトリート」ならではの魅力だ。 従来北欧諸国は地理的ハンデから料理後進国といわれてきた。 しかし豊富な海産物に加え、キノコや地衣類などの森の恵み、伝統的発酵食品を使った新しい北欧料理が誕生している。 緑黄色野菜や果物が育たないので苔や木の皮を料理に使い、レモン代わりに蟻の蟻酸を使用するなど、大胆かつサステイナブルな北欧ガストロノミー料理はいまや世界中の注目を集めているのだ。 「ザ・リトリート」のメインダイニング「モス・レストラン」もその流れを踏襲。 ザ リトリート また欧米で人気の、肉や魚、卵、乳製品など動物性食材を一切使用しない「ヴィーガンメニュー」を取りれているのも特徴だ。 「シェフズテーブル」はシェフの創造性を生かした「モス・レストラン」のシグネチャーディシュからなる構成。 いま世界のフーディーズの間では、未知の土地や国を料理を通じて体験するフード・エクスペリエンスが人気だが、アイスランドのテロワールを体現できる「モス・レストラン」のメニューは是非一度体験してみたい。 青き温泉水、ブルーラグーン大地の恵みから生まれた肌と心のトリートメント スヴァルツエンギ発電所が作られた当初から、その温水はミネラル豊富で体に良いと言われていたが、半信半疑で実践する人はいなかった。 しかし、1981年長年皮膚病に悩まされていたヴァールル・マルゲイルソン氏という男性が温水に身を浸すと症状が劇的に改善。 彼はこの温泉を「ブラォア・ロニズ」 アイスランド語でブルーラグーン と命名した。 1987年に一般開放された時も、やってくるのは主に皮膚病を患う患者だったという。 「ブルーラグーン」の温水で特に皮膚への効能があるとされるのは藻とシリカだ。 シリカとは冷えると水と分離する性質を持つ泥の一種。 1994年「ブルーラグーン」温泉成分から抽出したオリジナルのスキントリートメント製品を発表し、2005年には「ブルーラグーン・クリニック」もオープン。 健康だけでなく美も追求する旅人が集まるようになったのだ。 「ブルーラグーン」から抽出された 藻は、その成分が極めて肌に良いことで知られている。 コラーゲンの生成を促し、フェイシャルに使用すれば小じわなどの発生を最小限に抑制。 肌に常に栄養を与えるだけでなく保護する効果がある。 肌をいつまでも若々しく保ってくれる理想的な天然成分。 火と氷の国が創る芸術原始地球に魅了される 「ブルーラグーン」で心身ともにリラックスした1日を過ごしたならば、今度は外の世界を体験しよう。...

ザ・リトリート


キャンプファイアー• キャンプファイヤー• 貸出アイテム• グランピング風景• 施設全体 空撮1.。 キャンプファイヤーでスモア体験 イメージ。 写真・動画 部屋• コンフォートRV(キャンピングカー)洗面台• コンフォートRV(キャンピングトレーラー)外観• コンフォートRV(キャンピングトレーラー)• マウンテンロッジ ツイン(ホテル棟)• アウトルックキャビン(コテージ)• アウトルックキャビン(コテージ)• コンフォートRV(キャンピングトレーラー)• ザ リトリート ジャーニーテント(テント)室内• マウンテンロッジ ツイン(ホテル棟)• マウンテンロッジ ツイン(ホテル棟)• かわいい オリジナルロゴ• ジャーニーテント プライベートテラス• コンフォートRV(キャンピングトレーラー)夜• マウンテンロッジデラックス(ホテル棟)• マウンテンロッジ(ホテル棟)テラス付き 一例• マウンテンロッジ(ホテル棟)洗面台 一例• マウンテンロッジデラックス(ホテル棟)• 選べるスナック• 赤崎牛サーロイン 2名様分イメージ 食事• オリジナルBBQ 4名様分• オリジナルBBQ 4名様分• BBQ 焼き人• 朝食はおにぎり弁当。 カフェ「ガーデンキッチン」• オリジナルBBQ 4名様分• オリジナルBBQ 4名様分• 赤崎牛もも肉 2名様分イメージ• オリジナルBBQ 2名様分イメージ• 厚切りヒレ肉メイン 2名様分 イメージ その他• ザ・リトリート イメージ動画• 到着時に、テンションが上がるね!• テニスコートでリフレッシュ!• テニスコート• コテージに1台無料のレンタサイクルあります。 。

いいづかスポーツ・リゾート「 The Retreat(ザ・リトリート) 」 4/13グランドオープン


ザ・リトリート アット ブルーラグーン|アルカディア" title="リトリート ザ">
ホテルアメニティ類は、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、歯ブラシとなります。 当日 :宿泊料金の100% 2日前から :宿泊料金の80% 3日前から :宿泊料金の30%• 連絡なしの不泊について 不泊については以下の通り頂戴いたします。 何卒、ご協力をお願いいたします。 バスタオル、タオルはご用意しております。 夜の時間帯(22:30~6:00)は、お静かにお願い致します。

ザ・リトリート アット ブルーラグーン|アルカディア


初級者から上級者まで楽しめるヨガセッションを楽しめます。 予約可能なサイト• 詳細を見る• 詳細を見る• 詳細を見る アメニティ・設備• Wi-Fi• AC電源• 冷暖房設備• アメニティ• 洋式トイレ• シャワー• 化粧室• ペットもOK• プール• 駐車場• 送迎サービス• レストラン• カフェ• 朝食付き• 夕食付き 施設のアメニティ・設備は一般的なものを表すもので、宿泊施設・宿泊プランによって内容やサービスの範囲は異なります。 詳細は宿泊施設へ直接ご確認ください。 自然の素材で贅沢な本格プライベートBBQ 専用デッキでプライベートBBQをご家族やお友達と楽しめます。 豊かな自然を満喫できホテルステイで贅沢にお過ごしいただけます。

ザ・リトリート 宿泊予約プラン・料金一覧【JTB】<飯塚>


2013年4月、直営店「レッツ!インドアテニススクール若葉台」をオープン。 2015年9月、直営店「レッツ!インドアテニススクール堀之内」をオープン。 2014年6月、「ホテルマリノアリゾート福岡」のホテル経営を開始。 2017年4月、直営店「レッツ! インドアテニススクール新浦安」、2018年8月「レッツ! インドアテニススクール八王子西」をオープン。
ステファニー ズ キトゥン の 20