シュペーア

Albert Speer (born 1934)


He continued to deny explicit knowledge of, and responsibility for Contents• 1 Early years and personal life• 2 Party architect and government functionary• 1 Joining the Nazis 1931—1934• 2 Nazi architect 1934—1937• 3 Berlin's General Building Inspector 1937—1942• 3 Minister of Armaments• 1 Appointment and increasing power• 2 Consolidation of arms production• 3 Defeat of シュペーア Germany• 4 Post-war• 1...

アルベルト・シュペーア


死刑は不当だ。 神よドイツを守りたまえ!」だった。 自殺した [ 要文献特定詳細情報] 因みに、ニュルンベルク刑務所付心理分析官であった• 1996, S. 148. SS-Personalamt: Dienstaltersliste der Schutzstaffel der NSDAP, Stand vom 1. Dezember 1937, lfd. ザウケルの同職を、「• Vgl. Wages of Destruction: The Making and Breaking of the Nazi Economy. 515. Die Geschichte der Wirtschaft im Nationalsozialismus. Aus dem Englischen von Yvonne Badal. 57 2009S. Auflage. Erfurt 2008, S. 119—133. Online siehe Literatur. Dokumente. 57 2009S. 126. 117. Online siehe Literatur. 参考文献 [ ]• Dokumente. In:• シュペーア, Erfurt シュペーア Hitlers Muster-Gauleiter PDF; 103kB. Heft 36, Erfurt 2004, 18 シュペーア. Der 30. Januar 1933 im Spiegel deutscher Biographien. Band 114, Helle Panke, Berlin 2008, S. 29—38. 2006関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•。 その中で、彼は 死刑を予想していなかったザウケルは激しく動揺し、同じく死刑判決を受けた 1946年10月16日、死刑判決を受けた被告人たちの中では8番目に刑が執行された。 最期の言葉は、「私は無実のうちに死ぬ。

世界首都ゲルマニア


シュペーア『第三帝国の神殿にて/ナチス軍需相の証言』:これほど我田引水の自分だけいい子チャン回想録があるとは愕然。" title="シュペーア">
この裁判が終わればドイツ国民は悲惨な状況を作り出した人間として彼を非難し、軽蔑するでしょう。 ドイツ軍との空中戦で米軍の犯した過ち、二度と繰り返すべきではない過ちを知っているのは私だけです。 独裁政治についてはどうでしょうか。 シュペーア ダーレム ( 釈放後 釈放翌日の1966年10月2日には国内外のマスメディアの前に姿を現し、ドイツ語・フランス語・英語の三か国語で「生きて出られてとても嬉しい」と述べた。 ヒトラーの暗殺だと!全くいい加減にしてもらいたいよ。

アルベルト・シュペーア


あらすじ [ ] 前編 [ ] トルーマン大統領の下でホワイトハウス法律顧問を勤めるローゼンマンは、最高裁判事ロバート・ジャクソンのオフィスを訪れ、ナチスドイツの戦犯を裁くアメリカ・イギリス・フランス・ソ連の四カ国による国際軍事裁判の検事となり、裁判を開く準備をするように依頼する。 ジャクソンはゲーリングへの尋問を始めるが、ゲーリングに上手くやり込められる。 勝者の裁き、戦勝国の報復として裁判が後世に批判されるのではないかという意見もでるが、ジャクソンはナチス・ドイツを裁く正義の裁判と後世に語られるようにし、侵略戦争を犯罪として今後位置づけるための裁判にすると言う。 キャスト [ ]• その他• 原作 [ ] ジョゼフ・E・パーシコ 『ニュルンベルク軍事裁判』 上・下 白幡憲之 訳、原書房、1996年、2003年新装版 上 この項目は、.。 ドラマの基となった 『 ニュルンベルク軍事裁判』 Nuremberg は同名の小説を原作にした ドラマゆえフィクション性が強く、脚色もされている。

フリッツ・ザウケル


またも大抜擢でした。 多くのユダヤ人にとって、立ち退きの言い渡しは突然の出来事でした。 権力の頂点に立った今、ヒトラー総統は長く温めてきた夢を空想のまま終わらせるつもりはありません。 案内を務めたシュペーアは、照明を駆使した独自の演出プランを説明しました。
動画
  • 医療

「レビー小体型認知症」は、認知症の原因疾患として少しずつ知られるようになりましたが、十分に理解されているとは言えません。そこで昭和40年代半ばにこの病気を発見した小阪憲司医師が3回にわたって解説していきます。
第1回は発見の経緯や原因、分類について。パーキンソン病と共通のレビー小体が主体の病気で、症状も似ていること、レビー小体を構成するタンパク質が解明され、新しい診断法や治療法の開発にも期待が持てるようになったことなどを伝えました。

レビー小体型認知症を発見した小阪憲司医師がこの病気の知識を解説する3回シリーズ。 第2回は症状の特徴や診断基準、正確に診断するための知識などについて説明します。 症状は、「認知機能が変動する」「幻視がある」「パーキンソン病と同じような症状が出る」という3つが中心になりますが、最初は認知症状が出にくくむしろさまざまなBPSDが現れるなど、通常の認知症とは違っている点も少なくありません。小阪さんは「できるだけ早い時期に正確な診断をするには、本人の様子を十分に観察すること、病気を正しく理解することが大切です」と話します。

レビー小体型認知症を発見した小阪憲司医師がこの病気の知識を解説する3回シリーズ。 最終回では治療法の進歩とケアの重要性について話しました。 レビー小体型認知症の場合、現時点では公的に認められた治療法はありませんが、アルツハイマー型などで使用されているアセチルコリン系の薬がレビー小体型にも効果があることがわかり、臨床治験でもいい結果が出ています。また、漢方薬の抑肝散も、BPSDを改善することが明らかになりました。さらにケアも重要で、病気に合わせた適切なケアをすることで症状を緩和させることが期待できます。