サニー ボーイ 最終 回

SonnyBoy(サニーボーイ/アニメ)のネタバレ最終回結末は?漂流教室に似てて能力とは?


画像が自前のグッズで申し訳ないですが、良いデザインだったので。 少し前からTVアニメをチェックするようになり、なんだかんだでいつも素敵な作品にであっているため、この夏シーズンからは個人的に最も良かったアニメ選んで書き残そうと思いました。 ・候補アニメ とにかくTVアニメは毎シーズン量があるので、全てを視聴したわけではありませんので御了承ください。 アバン至上主義という造語を作ってオタク笑いをするほど作品の冒頭部が好きです。 夏アニメで私の中でいわゆる覇権を取った作品は、『SonnyBoy(サニーボーイ)』です。 次点で『平穏世代の韋駄天達』になります。 その他作品も毎週すごく面白かったのは大前提です。 『SonnyBoy』 気になる方はぜひ公式HPを 視聴してなんのこっちゃわからない方はぜひ下記のインタビュー記事を。 ・概要 インタビューにもあるように、複雑なように見えてシンプルな思春期の少年少女たちを描いたボーイ・ミーツ・ガールな青春TVアニメになります。 そのベースに不思議でコッテリとしたSF要素を加えてあるといった形です。 教室ごとどこかの島に漂流してしまったとある中学校2年生の子たちが、多種多様な超能力に目覚め(大半は指が光るだけなどシュールな感じ)島で生活をし、元の世界に帰るための方法を模索する。 というパッケージですが、蓋を開けてみると異能力バトルや甘酸っぱい恋愛など娯楽性のあるポップな内容では無く、普段の学校生活と本質的には変わらないような思春期の不安や争いが淡々と行われます。 その一方で能力や漂流についての表現や解釈はかなり高度であったり、シュールに語られ異様な雰囲気を醸す作品になっています。 アニメ好き芸人としても知られるハライチの岩井さんも「なんか面白い」と評しており、その話を聞いた かくいう私も、放送第一回を見逃してしまい、そのままなんとなくで見ていたので最終回直前の11話まではよくわかんないけどキャ そこでなんか面白いで流してしまってはもったいないと思い最終回に合わせて見返し、本日最終回を視聴しました。 一言でいうと、やっぱりなんか面白かった。 もちろん細かいことは後述しますがそれに尽きる作品なのかなとも思います。 描いている事が、主人公の微量な成長であったり、なんとなく過ごしてきた青春期がテーマにあるのでそれで良いかと思います。 ここで見てみたいと思った方は、アニメを視聴してから読んでくださいね。 長良と僕らには対して差はない この物語はやっぱり、長良の成長を描いた作品だと私は解釈します。 『SonnyBoy』 のテーマソングは この作品にOP、EDみたいなものは無いんですよ。 各お話の最後にこの 長良という自分自身で精一杯な少年が、漂流を経て少し外の世界に触れられるようになる。 そんな誰でも経験したことのあるような些細な変化が『SonnyBoy』のストーリーです。 少しさみしい家で育った長良は、他人とのつながりを持てないでいて、鳥の死骸を見ても自分の事ばかり考えている。 彼は漂流から戻ったある日、駅にあったツバメの巣を心配する素振りをみせます。 そこが彼の変化です。 可哀想だと思えるようになったのか、それとも希へ下心かわかりませんが少なくとも自分の心から一歩外に出ることができたわけですね。 これは瑞穂も似たようなものです。 ないものねだりしてしまう気持ち、自分や周囲に物足りなさみたいな気持ちですよね。 自分が2人いれば楽しいんだろうなとか、退屈でコピーみたいな奴らだな!とかね。 瑞穂も大人の教師と色々あったみたいですし、そういう心を変化させるきっかけが漂流なんだと思います。 思春期って誰でもそうじゃないですかね。 自分という範囲がすごく狭くて、人や事柄をある一定の側面でしか捉える事ができません。 すぐにキャパオーバーしてしまうからですね。 でも失恋したり、親が死んだり、ボランティアに行ったり、挫折したりセックスしたりと過ごしていくうちにだんだん世界の輪郭が見えてきていろんな側面を想像し始めるというか。 誰にでもあるような思春期が収束していく過程を、新鮮に描いたのが『SonnyBoy』だと私は思います。 複雑に楽しく、現代的に長良の思春期を落ち着かせてみせたんですね。 アニメの作り方とか音楽とかたくさん魅力的な個性がありますが、1番私に刺さったのはこの部分です。 だから漂流してないけど、長良をみながら先輩風を吹かす事ができますね。 「少年少女」 このテーマソングがとにかく好きです。 最終回の魂の弾き語りもえげつなかったな。 この曲が第一話のため、そして最終話のための曲でしたね。 長良と希は2度出会うわけですが、どちらにもぴったりと重なる曲でした。 すごい仕掛けですよね。 第一話では、転校生の希と 個人的には大満足な最終回でした。 ほんとうに些細なドラマだったな~素敵やん?と。 長良と瑞穂はそんなに頻繁には会わないと思います。 2人で馴れ合うだけならば帰ってくる必要はないからです。 瑞穂はラジダニみたいのがタイプですしわざわざ彼やネコと決別し彼女の思春期を収束させ前に進んだ意味がないからですね。...

Sonny Boy9話感想・考察・解説!瑞穂と朝風は対比されている?【サニーボーイ】


戻ってもリアルは薄暗く辛いこともある。 一方、おばあちゃんの猫は生きているかが離れ離れになっていて会えないでいる。 長良と瑞穂にとって漂流世界はある意味、思い通りになる世界だった。 自分的には丁度いいリアルさがあるラストだった。 良いか悪いかは受けて次第だが、世知辛い現実を生きる身としては、リアルをアニメでも突きつけられているようで、自分としては少し残念な終わりだったかな。

サニーボーイ 11話 あれ?ラジダニ死んでない? 意訳したあらすじと感想と考察


Sonny Boy" title="回 サニー ボーイ 最終">
制作を終えて「言いたいことは言えた。 死を描くのは簡単だけど、そこに理由があるのか? 安っぽくならないか?と悩みましたね。 「第9、10話のシナリオ執筆時はキツかったですね。 マンガ家の江口寿史さんがキャラクター原案を担当し、「銀杏BOYZ」が主題歌「少年少女」を書き下ろすなど豪華クリエーターが参加。 見た後、どう感じるかは、その人の価値観によって変わると思います」 最終回に至るまでは紆余(うよ)曲折があった。

Sonny Boy 最終回の感想と戯言 長良が観測することによってつくられた最終回の世界について


『サニーボーイ』第11話 ここで希=コンパス=時計の針が指し示すのは、 時刻でも東西南北でもなく、元の世界=死に引っ張られ続けるしかない世界であることは、もう繰り返して言うまでもないだろう。 それは、おそらくラジダニが磁石を使ったことと直接的な関係はない。 おそらくは、ここに希そして長良、瑞穂の帰還方法を理解する手がかりがあるはずだ。 いや、そうなればもう落ちているとは言えない。 2つのコンパスは、全く同じ方向を指している。

【Sonny Boy(サニーボーイ)】アニメ2期放送日はいつから?原作は?


おまけにこの解釈を念頭に置くと、今作における漂流の意味も見えてくる感じがします。 相も変わらず説明がほとんどない淡々とした筋立てでしたが、個人的にこの話の主軸だと思ったのはコウモリ先輩が長良を許す過程です。 つまり第7話は 二つ星との交流を通じて長良が自分自身を見つめ直し、立ち直り、そしてコウモリ先輩に認めてもらうことで罪を許される…という筋立てになっているといえるのではないでしょうか。 しかし二つ星と出会い、彼が巨大なヒカリキノコバエに食われた様を見てから、長良の行動に変化が生まれます。

 

主な認知症としては「アルツハイマー型認知症」、「レビー小体型認知症」、「脳血管性認知症」の三つがあります。この三つの認知症を合わせると約9割となるため、これらの認知症の病態を理解することが重要となります。

 

また、認知症では周辺症状や中核症状が問題になりやすいです。こうした症状とセットにして理解することで、認知症への理解が深まります。

 

アルツハイマー型認知症の病態

 

認知症の約50%がアルツハイマー型認知症によるものです。アルツハイマー型認知症では、高齢になるほど発症しやすいです。何年もの時間を経て、少しずつ病気の症状が進行していきます。

 

このようなアルツハイマー型認知症の患者さんでは、「老人斑」と「神経原線維変化」の二つの特徴的な構造的変化が起こっています。

 

老人斑とは、大脳皮質に沈着するタンパク質の塊のことです。

 

このタンパクはアミロイドベータ(Aβ)という異常なタンパク質が凝集したものであり、これが老人斑を形成して脳にシミのようなものを作ります。アルツハイマー患者では多量の老人斑が沈着しています。

 

また、アルツハイマー型認知症では神経細胞の中に糸くずのようなものが蓄積します。これが、神経原線維変化のことです。神経原線維変化は、タウタンパクと呼ばれるタンパク質が凝集することで起こります。

 

 

このような老人斑の蓄積や神経原線維変化が起こることにより、脳の神経細胞が死滅していきます。これによって、脳の萎縮が起こります。

 

脳の構造的な変化が起こることで神経細胞が減ってしまうと、記憶において重要となる神経伝達物質が減少します。これにより、脳の記憶機能が衰えて物忘れなどの症状が表れてしまいます。

 

病気の進行

 

アルツハイマー型認知症は何年もの時間をかけてゆっくりと進行する病気です。この症状が進行する過程としては物忘れなどの前兆(軽度認知障害)から始まり、「第一期(軽度)→ 第二期(中等度)→ 第三期(高度)」へと変化していきます。

 

軽度認知障害は認知症と言うまでは症状が進行していない状態を指します。記憶力の低下が少しずつ始まってはいるが、日常生活に支障をきたしていません。

 

これが、第一期(軽度)となると学習障害(覚えられない)や失見当識(時間が分からない)、感情の動揺(不安や恐怖など)が認められるようになります。ただし、人格はまだ保たれています。

 

第二期(中等度)ではより記憶力の低下が起こり、高次脳機能障害が目立つようになります。高次脳機能障害としては「記憶障害」、「注意障害(注意力を維持しにくい)」、「遂行機能障害(論理的に考えて計画・実行ができない)」などがあります。

 

症状が第二期まで進行すると地誌的見当識障害(道順が分からなくなり、家に帰れなくなる)や徘徊などの症状も表れてきます。

 

第三期(高度)のアルツハイマー型認知症では歩行障害によって介護を要するようになり、発する言葉も減ってきます。最終的には寝たきりとなります。

 

 

レビー小体型認知症の病態

 

レビー小体型認知症の特徴としては、大脳皮質にレビー小体というタンパク質の塊が現れることにあります。レビー小体型認知症は高齢者に多いですが、40代の比較的若い人でも発症します。男性患者数は女性患者数の約二倍と言われています。

 

アルツハイマー型認知症の場合では、もの忘れなどから症状が始まります。これに対し、レビー小体型認知症では物忘れだけでなく、パーキンソン病のような症状(運動障害)を表します。

 

さらに加えて、レビー小体型認知症では幻覚症状(特に幻視)や妄想が表れます。病気による症状の重さが日や時間によって変動することも特徴の一つです。

 

レビー小体型認知症の主な特徴

 

①認知機能の障害 :記憶を留めることが難しい
②運動機能の障害 :歩行障害、体を動かしにくい
③幻視 :見えるはずのないものが見える
④症状の変動 :病気の症状の重さが日によって変動する

 

 

脳血管性認知症の病態

 

脳血管性認知症の原因としては、脳梗塞や脳出血の多発によるものが70%以上を占めます。これら脳血管が詰まったり破れて出血したりすることで、脳の働きが悪くなります。これによって、認知症が引き起こされます。

 

脳血管性認知症における症状の進行としては、アルツハイマー病やレビー小体病のように少しずつ病気が進行するのではなく、脳血管障害の発作が起こるたびに段階的に症状が悪化します。

 

 

そのため、脳血管障害の発作を予防することで認知症の悪化を防ぐことができます。

 

認知症における中核症状と周辺症状

 

なお、認知症には「必ず発生する中核症状」と「人によって出たり出なかったりする周辺症状(BPSD)」の二つがあります。

 

 

中核症状は認知症によって脳細胞が死滅することにより、必ず表れる症状のことです。認知症である以上、中核症状の発生を抑えることができません。

 

 

また、中核症状としては以下のようなものがあります。

 

中核症状

症状

記憶障害

・直前の事を忘れる
・同じことを何回も言う
・忘れ物を何回もする

見当識障害

・今がいつなのか(時間・季節の感覚がなくなる)
・今どこにいるのか(道順の感覚がなくなる)

判断力の低下

・真夏にセーターを着る
・考えるスピードが遅い

実行機能障害

・計画を立てて実行できない
・目的達成の判断ができない

 

このような中核症状に対し、周辺症状は患者さんによって表れたり表れなかったりします。つまり、周辺症状の出方は人によって異なります。

 

主な周辺症状

 

・抑うつ状態
・依存
・不安
・攻撃的行動
・幻覚
・妄想
・睡眠障害
・徘徊 など

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク