コロナ 後遺症 外来 茨城


昨年から沖縄県内で感染が拡大し、累計約5万人が感染した新型コロナウイルス。 感染直後の発熱だけでなく、倦怠(けんたい)感や頭痛など長期間の後遺症に悩まされる人も多い。 しかし、県内では行政による専門の相談窓口や後遺症に特化した外来はなく、感染を経験した人や医療関係者から改善を求める声が上がる。 隔離期間の約2週間を終え自宅に戻り、1度は職場に出勤したものの、発熱や強い倦怠感が残って10日間ほど仕事を休んだ。 病院を受診すると、コロナの後遺症との診断が出た。 4月から5月末まで時短勤務を余儀なくされた。 37度台の微妙な熱が続いた。 平熱に戻ったと思った翌日にまた発熱。 体調の変化が予想できない日々。 時短勤務で収入が減った精神的な不安も重なり「頭がおかしくなりそうだった」。 フルタイムで働くようになってからも後遺症は続いた。 髪を洗うと驚くほどの毛が抜け、風呂場の排水溝に1カ月分ほどの量の髪の毛が1日でたまった。 膝に痛みが出て、普段はしている正座もできなくなった。 ようやく感染する前の、いつもの体調に戻ったのは、感染から半年たった9月。 その間、県の新型コロナに関するコールセンターに体調不良を相談したが「後遺症の相談窓口ではない」と言われた。 「感染防止も大切だけど後遺症のフォローもしてほしい。 5万人近く感染したなら何万人もの人が悩んでいるはず」と後遺症に悩む人を支える制度を願った。 後遺症が1年以上近く続くケースもある。 南風原町の40代女性は昨年8月に感染したころから現在も嗅覚の異常が続く。 「排ガスのような」臭いは鼻の奥に残り、ふとした瞬間に嫌な思いをする。 「耳鼻科、神経科どちらの病院に行けばいいか分からない。 相談できる場所や専門の病院があれば行ってみたい」と話した。 全国的な感染拡大を受け、県外では後遺症専門の外来を設置する動きが出始めている。 厚労省の調査では感染から半年後も症状がある246人のうち、最多は倦怠感・疲労感(21%)。 息苦しさ(13%)、睡眠障害(11%)、思考力・集中力(同)、脱毛(10%)、味覚障害(9%)、頭痛(同)と症状は多岐にわたる。 神戸市で脳神経疾患を専門とする吉田病院は今月コロナの後遺症外来を設置。 「身近に後遺症を診てくれる病院がない」と関東から足を運ぶ人もいるという。 夏目重厚副院長は「1人の患者が複数の症状を訴えるため脳、耳鼻科、心療内科など各専門病院の医師が診たがらない」と後遺症外来の必要性を説明。 症状が多い脳卒中患者などを専門とするノウハウを元にコロナ後遺症に対応している。 同院が懸念するのはそれぞれの症状だけでなく、精神的な負担から来る重篤なうつ病だ。 夏目医師は「相談する病院がなく体調不良が続き、真面目な人ほど仕事を頑張ってしまう。 避けなければいけないのは、そこからうつになり、自死を選ぶこと」と指摘する。 全国では行政主導で専門外来を設置する動きもあるが、沖縄では行政や医療現場が爆発的な感染の対応に追われ、後遺症の対応は万全とは言えない。 夏目医師は「感染後の体調や精神的な状態をチェックするアンケートで状況を把握するだけでもいいので、取り組みが重要だ」と提言する。


これまでの報告は、罹患者のみを対象とした観察研究が中心であり、非罹患者を対照群とした疫学研究が不足していることから、各症状とCOVID-19との関係を結論づけることは難しい。 対象者:令和3年8月末までに新型コロナウイルス感染症の陽性が判明し、アンケート送付時点 (11月10日)で療養を終えている者• 対象者数:9,234名• 方法:調査への協力依頼文を郵送し、「いばらき電子申請・届出サービス」により回答• 回答者数:1,482名(回答率:16. 0%) 新型コロナウイルス感染症に関する罹患後症状に係るアンケート調査(第2回) 新型コロナウイルス感染症の療養期間終了後の諸症状の県内の状況を把握するために、新型コロナウイルス感染症に罹患し県内で療養された方を対象にアンケート調査を実施しました。 また、罹患後症状外来実施医療機関での診療は紹介状が必要となりますので、新型コロナウイルス感染症の療養期間が終了した方で症状がすぐれない方は、まずはかかりつけ医等を受診いただきますようお願いいたします。 罹患後症状外来実施医療機関について 本県では、茨城県医師会と連携し、呼吸器内科、耳鼻咽喉科、皮膚科、精神科、心療内科、神経科のいずれかの診療科を有し、かかりつけ医等からの相談対応や患者の紹介による診療対応を実施する罹患後症状外来実施医療機関を設置しております。 令和3年11月に実施したアンケートと同様の手法により実施したが、ウイルスの特性や陽性者の属性等が異なるため、単純比較は適当ではない。


新型コロナウイルス感染症に関する罹患後症状について/茨城県" title="後遺症 外来 茨城 コロナ">
。 。 。 。 。


。 。 。 。 。


。 。 。 。


いままでのところ、私の核酸食事法が身体の老化を防ぎ、若返らせ、病気になりにくくするものであることはおわかりいただけただろう。だが、私の食事法によるメリットはそれだけにとどまれない。

 

「注意力が散漫になり、仕事がおもようにはかどらない」「朝起きても、前日の疲れが残っていて、少しも熟睡した気分ではない」「体調が悪くて病院にいっても、体のあちこち検査されるだけで病名がつけられない」こういった目にみえない老化、いってみれば、活力不足による老化にも、効果があるのだ。

私たちが歩いたり、話したり、握手したり、電話のダイヤルを回したりするためには、当然エネルギーが必要となる。

私たちの体は、ゼンマイ仕掛けの自動車でもないし、乾電池式のロボットでもない、自分自身の身体の中で、必要なエネルギーを作り出さなければならない。それでは、いったい、このエネルギーは、どういふに作られているのだろか。

この生命のエネルギー源になるのは、細胞の中のミトコンドリアという部分である。ここではクエン酸が酵素の助けをかりて、次々に化学反応をおこして、エネルギーを作り出している。この科学過程は、クレブス回路、またクエン酸回路と呼ばれている。

クレブス回路から生まれるエネルギーは、そのまましておくとむなしく浪費され、実際にエネルギーを必要とするときにはすっかり消えてしまっている。それを防ぐため、クレブス回路に接して、エネルギーを貯蔵しておく電子伝達系がある。この電子伝達系の中心になるのが、核酸RNAの基本単位のうちのひとつATP(アデノシン三リン酸)である。

ATPはRNAのヌクレオシドで、アデノシンに三つのリン酸がついた構造だが、リン酸がひとつずつ放れていくたびに、つまり、ATP→ ADP(アデノシン二リン酸)→AMP(アデノシン一リン酸)になるにしたがってエネルギーが放出される。逆に、外からエネルギーが加えられてAMP→ ADP→ATPとなると、そのエネルギーが蓄えることになる。クレブス回路によって作り出された物質は電子伝達系によって運ばれてゆくにつれて、エネルギーを蓄積するのである。

 


このATP(アデノシン三リン酸)エネルギーの蓄積があるからこそ、私たちは、日常の動作だけではなく、水泳やテニス、ジョギングといった比較的激しい運動を続けることができるのである。また激しい運動ばかりでなく、精神的な意味での持続性、安定性なども、ATPの蓄積が多いほど強いものになる。


ここから、ひとつの結論が生まれる。ATPを作り出すための材料とエネルギーをもっと与えれば、エネルギーの蓄積はより大きなものになる。そうすれば、心臓や筋肉の働きは力強くなり全身に活力がみちるだろう。また、精神的にも安定し、より意欲がでてきたり、集中力がアップしたりするだろう。そして、このATPを作り出す材料にあたるのが高核酸食品に含まれるのである。

 


逆に、もし、ATPが不必要に消耗されていたならどうだろうか。身体には何の異常もないのに、なぜか気力がない、という状態に陥ってしまう。しかし、実際、エネルギーを消耗させる物質も確かにあるのだ。

 

これは、私自身の核酸に関する研究と、アメリカにおける低トリプトファン食に関する論文とから、
二つの方法でエネルギー連鎖が損傷を受けることがはっきりしている。ひとつは、クエン酸回路から、電子伝達系のATPにエネルギーが移るとき、アミノ酸の一種トリプトファンの代謝産物が妨害して、電子伝達系にエネルギーが伝わらなくなってしまうのである。

こうなると、細胞で作られたエネルギーは電子伝達系に蓄えられず、ムダに消費され、細胞の正常な機能に必要とされるパワーは失われる。この結果、細胞の機能は低下し、体力は衰え、内臓の不調となって現われるのである。これは高齢者にはしばしばおくることで、この年齢の人の病気の原因のひとつである。

 

では、これを防ぐためには、いったいどのような方法があるだろうか。まず考えられるのは、トリプトファンが有害な物質を作らないような方法を見つけることである。しかし、残念なことに私たちには、まだこの方法は明らかにされていないのである。

 

だが、方法は残されている。ATP(アデノシン三リン酸)を作るために必要なより多くの材料を身体に与えることと、電子伝達系を活気づけることである。つまり、ATP(アデノシン三リン酸)-高核酸食品を取ることが当面重要になってくる。

 

エネルギー連鎖が損傷を受ける二つ目は、ある種の酵素の異常によってクエン酸回路に原料が送りこまれず、エネルギー生産がストップしてしまう場合である。そうなれば、細胞のパワーは当然ゼロになる。エネルギーは酸素を使わない段階でとどまり、このためにガンが発生することもある。しかし、これも
高核酸食事法で治療することが可能である。これは、次に述べる実際の治療例で参照してほしい。

以上のように、豊富な核酸を食事から取ることができれば、エネルギー細胞に蓄積するATP(アデノシン三リン酸)の量は増え、エネルギー連鎖は活発になるのである。このエネルギーは、古くて、働きが衰えた細胞に活力を与え、損傷を回復し、生まれたばかりの若々しい細胞のような機能を取り戻させるのである。

私は核酸を使って、細胞に新しいエネルギーを吹き込み体全体を若返らせるという実証を繰り返し、繰り返し、確かめてきたのである。

 

細胞内で働く核酸だけ取っていればいいというものではありません。細胞外で働くコラーゲンやヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸を含むムコ多糖類である細胞間物質、ビタミンC〓やビタミンB群、ミネラルなど様々な栄養素をきちんと摂ることが健康と若さづくりは大切なのです。特にコラーゲンは、毛細血管を出た核酸が細胞に到達する道になっています。ですから、いくら核酸を摂っても、道であるコラーゲンが劣化していると、核酸は細胞にたどり着けません、核酸とコラーゲンなどの細胞間物質を同時に摂ることがとても効率的です。 「老化は食べ物が原因だった;ノーベル医学生理学賞からの大発見」

細胞内で働くDNA核酸は若さと健康を保つ根源物質であるが、核酸だけ取っていればいいというものではありません。細胞外で働くコラーゲンやヒアルロン酸コンドロイチン硫酸を含むムコ多糖類、ビタミンCやビタミンB群、ミネラルなど様々な栄養素をきちんと摂ることが健康と若さづくりには大切なのです。出典コラーゲンが導く驚異の核酸バランス

グローブ トロッター 店舗

ジーザス ピース