シロアリ 駆除 価格

シロアリ駆除の費用相場と信頼できる業者の選び方


一軒家でシロアリが発生してお困りではありませんか? シロアリは床下に住み着くことが多いため、侵入していてもなかなか発見できずに被害が広がってしまうことがあります。 シロアリが発生したときは、建物のダメージが大きくなる前に駆除したいですが、一軒家を丸ごと駆除・対策するとなると費用が気になる人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、シロアリ駆除を一軒家で行った場合の費用価格などについてご紹介したいと思います。 一軒家のシロアリ駆除で知っておきたいこと 『庭に羽アリがたくさんいた』『柱にシロアリが食べたような穴がある』など、シロアリの発生が疑われるときは、早めにシロアリ駆除を行って被害の拡大を防止すると安心です。 しかし、中には『以前シロアリ対策をしたのにまた発生した』『新築からそれほど経っていないのにシロアリが出てしまった』など、なぜシロアリが発生したのか疑問に思うケースもあるかもしれません。 そこでまずは、一軒家のシロアリ駆除の時期についてご紹介したいと思います。 前回のシロアリ駆除・対策から『5年以上』経過している場合の一軒家は要注意 業者によるシロアリ対策では、『木材や土壌に薬剤をまいて、建物にシロアリが寄り付かないようにする』方法が比較的主流です。 この薬剤の効果は『5年』を経過するとなくなってしまうため、前回のシロアリ駆除やシロアリ対策を行ったときから5年以上経っている場合は、シロアリの『再発生』が起こるおそれがあります。 シロアリ駆除・対策を依頼したときは、依頼時の見積書や請求書、保証書などを保管しておいて、『次に対策を行う時期』を把握しておくといいでしょう。 新築の一軒家でもシロアリが発生するケースとは 『シロアリは柔らかい木や湿って腐った木を好むから、新築の一軒家には住み着かない』というイメージを持たれることがよくありますが、新築の家でもシロアリが発生するケースはあります。 新築の家の木材は硬くて乾燥しているのでシロアリが好んで食べることは少ないですが、一軒家の状況によってはシロアリが住み着いてしまう可能性も考えられます。 【新築の一軒家にシロアリが発生するケースの例】• ・家を建てた場所の土壌にもともとシロアリが住み着いていた• ・木材ではなく、床下の断熱材を食害された• ・施工不良などで雨漏りが起こって、木材が腐食しやすくなっていた シロアリ駆除を一軒家で行った場合の価格相場を紹介 シロアリ駆除を業者に依頼するときは、『費用・価格がいくらかかるのか』が気になるかもしれません。 一軒家の構造や立地条件はそれぞれ異なるため、具体的な費用は建物ごとに変わります。 そのため、詳しい相場については見積書の内容から確認することをおすすめしております。 しかし、『どんな作業で費用が発生するのか』『施工単価の出し方』などをある程度確認して、大まかな費用が計算できると安心できると思います。 そこでここからは、シロアリ駆除を一軒家で行った場合に必要な費用についてご紹介いたします。 シロアリ駆除の費用は『駆除方法』で異なる場合がある 業者が行うシロアリ駆除には『バリア工法』『ベイト工法』の2種類が使われることが多くなっています。 2種類の工法は、それぞれ下記のような特徴があります。 駆除方法 作業内容 バリア工法 消毒・殺虫成分などを含む薬剤を被害箇所に散布して駆除する方法。 施工費用が比較的安価・即効性が期待できるなどのメリットがある。 薬剤が土壌や人体に影響しないように、最大でも『5年』で自然分解されるため、定期的に再施工が必要。 また、被害箇所や被害状況によっては建物に穴をあける追加工事が必要になることがある。 ベイト工法 毒餌(ベイト剤)を地中に設置し、シロアリに食べさせて駆除する方法。 毒餌は『脱皮を阻害する』薬で、脱皮をしない生物(人体、犬や猫、植物など)には無害。 バリア工法と比べると相場が上がりやすく、効果が出るまで数か月~半年程度かかることがあるが、巣ごと駆除する効果も期待できる。 餌がなくなって効果が切れたときは、補充または再施工を行う。 駆除方法によって施工単価や単価の計算方法が異なる可能性があるので、『価格を知りたい』という場合でも、工法の違いをおさえておくと費用をイメージしやすくなると思います。 【参考】• 駆除するシロアリの種類で費用が異なるケース 日本家屋のシロアリ被害は、8~9割が『ヤマトシロアリ』という種類によるものといわれています。 そのため、シロアリの駆除料金はヤマトシロアリを駆除した場合の費用で想定されていることがあります。 ヤマトシロアリ以外のシロアリは駆除の難易度が高くなることがあるので、業者によっては追加料金が発生する場合もあります。 床下など建物の木材に広範囲に施工を行う、バリア工法に多い計算方法です。 この場合、建物の坪数または面積に対して単価をかけ合わせれば、駆除料金を計算することができます。 【坪単価5,000円・30坪の一軒家の場合】• 【メートル単価1500円・80㎡の一軒家の場合】• 3㎡』で計算されるため、坪単価のほうがメートル単価より広い面積の価格を表記しています。 駆除料金の面積が1階のみのケース・2階以上も含むケース シロアリ駆除は床下を中心に行うため、施工面積は『1階の床面積』をもとに計算されることが比較的多いようです。 ただし、屋根裏など2階以上の部分に被害が出ている可能性があるときは、2階以上の床面積も計上される可能性があります。 たとえば『イエシロアリ』は屋根裏の木材を食害することがあるため、イエシロアリの駆除を行う場合は2階以上の床面積も計算されることがあります。 業者のシロアリ駆除料金を『外周メートル』で表記している場合の計算方法 坪や平米といった施工面積のほかに、『建物の外周』で料金を計算する方法が取られる場合もあります。 ベイト工法での施工方法の1つに、『建物の外周に合わせて数メートル間隔でベイト剤を設置する』というやり方があります。 この方法でシロアリ駆除を行う場合に、外周の長さで料金を算出している業者もいます(坪単価・メートル単価を採用している業者もあります)。 【外周メートル単価6,000円・外周50mの一軒家の場合】•...

料金のご案内


また、工事業者はホームセンターに30%程度の紹介手数料を払う必要があり、お客様が払う駆除費用の中から実際の工事にかける費用はかなり少なくなってしまいます。 特に外出を控えなければいけない今は、これだけでリスクのひとつとなりえるでしょう。 羽アリを見たからすぐに来てほしい…といった時にタイミングによってはうまく対応してくれない場合もあります。 また、困った時にすぐに駆けつけてくれるスピーディーさもホームセンターのシロアリ駆除にはありません。 依頼するときにはお店に行かなければならない ホームセンターのシロアリ駆除の見積などを依頼する場合、申込書などを書く必要があります。

シロアリ110番の費用やサービスの特徴を紹介!


シロアリ駆除費用の相場は?27社の平均価格と追加費用が発生するケース" title="価格 シロアリ 駆除">
地域密着型おすすめ業者の安い順ランキング シロアリ駆除業者は、地域密着型の業者の方が多く、対応範囲は1県のみの業者から西日本全体をカバーする業者まで様々です。 予防料金 単価 30坪の場合の金額 バリア工法 8,580円~(1坪あたり) 25. 床下の状態などにより費用が変わる可能性があります。 バリア工法に比べて、使用する薬剤の量が少ないため、 人体や環境に配慮しつつ、シロアリを退治することができます。 バリア工法は、1mあたりの単価が7,000円なので、30坪の一軒家の場合、 相場より2万円ほど安く施工することができます。 ダスキンのシロアリ駆除は、料金が明確に決められているため、事前にある程度予算を決めることができるので安心です。

羽アリ(シロアリ)駆除の費用は100万円で足りる?相場や価格を比較|生活110番


被害の状況で見積もり費用が変わる場合もある ただし、ここまであげた費用の単価は、ひとつの目安として見なければいけません。 さらにシロアリが再発生した場合でも、駆除処理だけは無償で行うが、 新たにシロアリに食べられた部分の修理費用(被害部復旧工事)は含まれていないケースも多く見られます。 5年保証の責任範囲が狭い シロアリ駆除というサービスは、一度駆除したらそれで終わりという性格のものではありません。 安易な外注・委託業者は使用しておらず、 バラつきのない、高い施工品質をお客様にお届けすることが可能です。 雨宮の細やかなこだわりの一部をご紹介いたします。

【体験談】シロアリ110番に実際に頼んでみたら、前より料金がほぼ半額になった話


施工品質 見積もり前にお住まいでの無料調査が行われてから正式な金額が算出されます。 安いから施工品質が心配…と思われる場合は、シロアリ110番以外にも1~2社程度見積もりをとってみて、 実際にかかる費用と実際の施工内容とのバランスを比較してみるのが良いと思います。 加盟店によって細かなレベルの違いはありますが、逆に言えば地域ごとに細かく加盟店が点在しているため、画一的ではなく、その土地の実情に合わせた施工を行うメリットもあります。 業界標準となる5年間保証も付帯し、 上限3億円の損害保険にも加入済みなど、価格と品質、アフターサービスのバランスの良いサービスが提供されています。