ゴッドファーザー 最終 章

『ゴッドファーザー』公開50周年記念! コッポラ監督再編集版『ゴッドファーザー<最終章>:マイケル・コルレオーネの最期』 が日本劇場初公開&特別予告編が解禁!!


解説 フランシス・フォード・コッポラ監督による傑作「ゴッドファーザー」3部作の完結編「ゴッドファーザーPARTIII」。 その全米公開30周年を記念して製作された新バージョン。 コッポラ監督自身の手により再編集を施し、オリジナルネガからの4Kスキャンやデジタルレストア、新たなオープニング、エンディングシーン、音楽の追加などが行われた。 1979年、老境に入ったマイケルは、自分の犯してきた罪に苦悩していた。 そんな彼は、資産を合法化するためバチカン銀行と大司教に接近し、寄付の見返りに叙勲を受け、その祝いの席で家族と再会。 そこには、いまは亡き長兄ソニーの息子ビンセントの姿もあった。 かつてのコルレオーネ家の縄張りはジョーイ・ザザによって牛耳られており、ビンセントもザザの配下にいた。 そんなビンセントを呼び戻し、後継者として合法的なビジネスをさせようとしたマイケルだったが、そのことからザザとビンセントの間に争いが起こり……。 原題:The Godfather, Coda: The Death of Michael Corleone。 前2作が凄かっただけに、どうしても見劣りはしてしまうが、この映画だけ純粋に考えれば、結構楽しめる映画には思えた。 主人公マイケルの甥を演じたアンディ・ガルシアはかなり魅力的だった。 ただのチンピラがマイケルに学んでいき少しずつだが落ち着いて知的になっていくさまが悪くない。 演技がなってない監督の娘と当時めちゃ叩かれた様であるが、十代のマイケルの娘を演じたソフィア・コッポラも初々しさがしっかりと出ていて、最後の死での父親の悲しみの大きさに随分と共感できた。 元妻役のダイアン・キートンも存在感があったし、姉のコニー役タリア・シャイアの若かりし頃のマイケルの様な、いけいけどんどんぶりも面白かった。 歌手だから当然とは言え、息子役のフランク・ダンブロシオの歌声もお見事。 オペラ劇の裏で、敵及び味方の殺しが同時進行していくのは、まさにコッポラ監督らしくて、今ゴッドファーザー映画を見ているという盛り上がりを感じた。 また、ヘリコプター攻撃によるマフィア殲滅、実際にあったらしいローマ教皇の突然死を物語に絡ませたのも、グッドアイデア。 もちろん、シチリアの田舎的な風景とニーノ・ロータによるテーマ曲も良くマッチしていた。 ただ、マイケル演ずるアル・パチーノが糖尿病で死にかけただけでなく、終始弱々しく、ゴッドファーザーらしくなかった。 脚本の問題だとも思うが、どこかで元ドンとしての迫力の片鱗、例えば意志の強さ等、リアルさに欠けるとしても見たかった。 製作フランシス・フォード・コッポラ、製作総指揮フレッド・フックス、ニコラス・ゲイジ、共同製作フレッド・ルース、グレイ・フレデリクソン、 チャールズ・マルベヒル 脚本フランシス・フォード・コッポラ、マリオ・プーゾ(コロンブス等)。 撮影ゴードン・ウィリス、美術ディーン・タボウラリス、衣装ミレーナ・カノネロ 編集バリー・マルキン、リサ・フラックマン、ウォルター・マーチ、音楽カーマイン・コッポラ。 アル・パチーノ(マイケル・コルレオーネ)、ダイアン・キートン(ケイ)、 タリア・シャイア(コニー)、アンディ・ガルシア(ビンセント・マンシーニ、オーシャンズ11等)、イーライ・ウォラック(ドン・アルトベロ)、ジョー・マンテーニャ(ジョーイ・ザザ)、ブリジット・フォンダ(グレース・ハミルトン)、ジョージ・ハミルトン(ハリソン)ソフィア・コッポラ(メアリー・コルレオーネ)、フランク・ダンブロシオ。 ネタバレ! クリックして本文を読む 『午前十時の映画祭12』で鑑賞。 『ゴッドファーザー Part III』は以前に鑑賞していたが、その時は『Part II』と比べてその出来の悪さに呆れたものの、今回鑑賞したこの『最終章』(Coda)は『Part III』と比べたら確かに良くなっていた。 ただ、それは物語の展開が、ダイジェスト版としてすっきりして分かりやすくなったという意味である。 この『最終章』を観て思ったのは、アル・パチーノ演じるマイケル・コルレオーネという複雑な男の感情を描くためには、おそらくはもっと尺が必要な映画であったということである。 ゴッドファーザー三部作は、シチリア人になりたくてなれなかったアメリカ人としてのマイケルを通して、「シチリア人」なるものを描いた映画である。 『ゴッドファーザー』の最初のシーンが妹コニーの結婚式に、海兵隊を除隊したマイケルが、ダイアン・キートン演じるケイを連れて参加するシーンが示唆的である。 「自分は父親のようにはならない」と言っていたマイケルが、父親のドン・コルレオーネの暗殺未遂事件を契機にファミリーに組み込まれ、最終的にはファミリーのドンになる。 『ゴッドファーザー』ではマイケルはシチリア人になれたはずであった。 しかし、『Part II』で描かれたのは、シチリア人になれなかったマイケルの挫折である。 自分を裏切った兄の殺害。 守ろうとした家族の崩壊。 『Part II』の最後で、ヴィトーの誕生日にマイケルが海兵隊に入隊したことを兄弟に告げるシーンの回想があるが、『最終章』を観るまではそのシーンの意味は分からなかった。 しかし、『最終章』を観てそのシーンの意味がようやく分かった。 海兵隊に入隊するアメリカ人のマイケルは、シチリア人である兄のソニー達に受け入れられなかった。 裏切り者の兄のフレドを殺害したのちのその回想は、自分がやはりシチリア人ファミリーにとって「他者」であることを痛感したということであろう。 この『最終章』で興味深いのは、マイケルが(嫌がる)ケイの案内人として、コルレオーネ家由来のシチリアの家などを訪れるシーンである。 人によっては「中だるみ」とも評されるこのシーンであるが、ケイの視点から考えればそうとは言えない。...

午前十時の映画祭12 デジタルで甦る永遠の名作


『ゴッドファーザー PART III』ゆかりの地訪問ツアーなんて企画もあるのかもしれません。 しかも、架空の物語ではなく、在位間もない突然の法王死去も、バチカンの資金管理責任者が橋の下で「首吊り死体」の姿で発見されたことも、驚くことにすべて史実なのです。 その30年後、ロンドン在住の女性記者サラのもとに一通の手紙が届く。 コニーはこれまでもファミリーの重要な決定に積極的に関与してきましたが、自らの手で殺人の罪を犯したのはおそらく初めてのことだったに違いありません。 つまり、カーロは、自分も死ぬ覚悟でドン・ルケージの私邸に丸腰で乗り込んだわけです。

『ゴッドファーザー PART III』続編の可能性あり、コッポラ監督「作られるかもしれません」


[SPLITRES-(ART2-URND]。 [SPLITRES-(ART2-URND]。 [SPLITRES-(ART2-URND]。 [SPLITRES-(ART2-URND]。

『ゴッドファーザー最終章:マイケル・コルレオーネの最期』考察とネタバレ!あらすじ・評価・感想・解説・レビュー(PARTⅢ , パート3, コーダ)


かつてのコルレオーネ家の縄張りはジョーイ・ザザによって牛耳られており、ビンセントもザザの配下にいた。 マイケルは亡き父ヴィトーの名を冠した「ヴィトー・コルレオーネ財団」を設立、一族の故郷であるイタリア・シチリア島復興のための資金を名目として、バチカンに多額の寄付をしていました。 マイケルやヴィンセント、右腕のアル・ネッリ(リチャード・ブライト)らは難を逃れますが、この襲撃により多くの友好ファミリーの幹部たちが命を落としました。 そんなビンセントを呼び戻し、後継者として合法的なビジネスをさせようとしたマイケルだったが、そのことからザザとビンセントの間に争いが起こり……。 ケイと再会したマイケルは、アンソニーの進路を束縛しないことを約束させられました。

コッポラが望んだ再編集版『ゴッドファーザー<最終章>:マイケル・コルレオーネの最期』意外にも多難だった製作現場


死というのは、最愛の人が死んだ時に一番苦しむものだ。 死とは何か? まず、自分がいないこと。 パチーノ、コッポラ監督による再編集版は娘ソフィアの名誉挽回のためなのではと明かす! 『ゴッドファーザー Part III』には、マイケルの長女メアリーとして、コッポラ監督の娘 ソフィア・コッポラが出演している。 私はあの子が大好きだし、当時は大したものだった。 」とコッポラ監督は語った。

『ゴッドファーザー<最終章>:マイケル・コルレオーネの最期』4Kでの日本初上映が決定 シリーズ50周年記念で


寄付の見返りに叙勲を受けたマイケルは家族と再会する……。 ALL RIGHTS RESERVED. 2022年2月12日(土)17:15~ほか 前作から5年、ドン・マイケル・コルレオーネは根拠地をNYからネバダ州タホー湖畔に移していた。 近くに収入源のラスベガスがあるためだ。 シシリー島に生まれた父ビトは、9歳の時、両親と兄をマフィアの親分に殺され、単身NYへ逃げ延びる……。
サリーアン 課題

呼吸器感染症の診断と治療 ―肺炎ガイドラインの問題点も含めて―(下)[診内研より]

琉球大学大学院 感染症・呼吸器・消化器内科学(第一内科)教授  藤田 次郎先生講演

(前号よりつづき)
4.マクロライド系薬の併用により市中肺炎患者の生存率が改善
 市中肺炎の治療にマクロライド系薬を併用する意義は、非定型病原体をカバーしうるという利点からである。
 Arnoldらは、非定型病原体をカバーする肺炎治療の重要性について検討している。CAPOデータベースに登録された市中肺炎患者を、非定型病原体をカバーする治療を施行した群と施行しなかった群とに分けて、両群の死亡率を比較したところ、非定型病原体をカバーする治療を施行した群で有意に死亡率が低かったと報告している。
 これまでに、マクロライド併用療法の臨床的意義を検討した報告が数多くなされている(表、引用文献省略)。いずれの結果を見ても、マクロライド系薬を含む併用療法の有効性が示唆されている。
 Brownらが、HBSIデータベースに登録された18歳以上の市中肺炎患者44,814例を対象に、β-ラクタム系薬またはニューキノロン系薬単独で初期治療を行った群と、それらにマクロライド系薬を併用して初期治療を行った群とで比較検討した結果、各薬剤とも単独療法群に比べてマクロライド系薬併用療法群で30日間の死亡率が有意に低下したと報告している。
 これらの結果は、非定型病原体をカバーすること、または併用療法による相乗効果で市中肺炎の予後が改善すると解釈される。
 表のさまざまな報告において、重症例を対象にしているものを網掛けで示す。これらの報告は敗血症を伴う肺炎球菌性肺炎、ICUへの入室者、および挿管患者などを対象としている。臨床試験の結果を見ると、マクロライド系薬を併用すると重症市中肺炎の予後が改善するという報告が数多くなされつつある。これらの報告の中で、prospective studyが特に重要であるので(筆頭著者名の右肩に*を付記)、それらを含めて紹介する。
 まずBaddourらは、敗血症を伴う肺炎球菌性肺炎を対象に、2剤併用療法と単剤療法の治療効果を検討している。これによると、重篤な患者において、併用療法が予後を改善すると報告している。
 次に、Rodriguezらも同様の解析を実施し、ICUに入院した市中肺炎患者において、2剤併用療法と単剤療法とを比較している。この研究においても、ショックを合併した患者においては、併用療法の治療効果が優れていることが示されている。
 これらの二つの研究において、多くの併用療法はマクロライド系薬+β-ラクタム系薬が用いられている。
 さらにRestrepoらは、retrospectiveであるものの、きわめて興味深い結果を得ている。すなわち肺炎に合併した重症の敗血症において、全ての症例を対象にして、マクロライド併用群の治療成績が、マクロライド併用なし群より良好であることを示している。驚くべきことに、この差はマクロライド耐性菌による肺炎でも認められており、抗菌力以外の作用機序によるものであることが示唆されている。
 Martin-Loechesらは、欧州9カ国27施設のICUにおいて48時間以上人工呼吸器が装着され、重症肺炎と診断された218例のうち、重症敗血症または敗血症性ショックを伴う92例を対象に、ATS/IDSAガイドラインで推奨されている治療法の用量・用法に従い、β-ラクタム系薬にマクロライド系薬(アジスロマイシンまたはクラリスロマイシン)を併用した群と、フルオロキノロン(レボフロキサシン、シプロフロキサシン、モキシフロキサシン)を併用した群でICUにおける生存率を比較検討している。
 その結果、投与開始後30日間での生存率はβ-ラクタム系薬+フルオロキノロン系薬併用群に比較して、β-ラクラム系薬+マクロライド系薬併用群が有意に高い生存率を示した。さらに生存率の推移をみると、治療開始早期から両群間に差が認められ、重症肺炎に対しマクロライド系薬の併用は、投与初期から救命率の向上に貢献していることがうかがえる。
 この結果を踏まえると、重症市中肺炎の初期治療において、マクロライド併用療法を選択すべきだという考えが提唱されている。
5.医療・介護関連肺炎(NHCAP)ガイドライン
 2011年に日本呼吸器学会から医療・介護関連肺炎(NHCAP)診療ガイドラインが発刊された3)。NHCAPの定義は以下の4項目である。
 (1)長期療養型病床群もしくは介護施設に入所している、(2)90日以内に病院を退院した、(3)介護を必要とする高齢者、身障者、(4)通院にて継続的に血管内治療(透析、抗菌薬、化学療法、免疫抑制薬等による治療)を受けている、とされている3)
 その治療指針を、図に示す。一般外来において有用なのはA群、およびB群で示される治療薬である。ただし、A群の内服薬として、レスピラトリーキノロンであるグレースビットが含まれるべきである。またB群は、一般臨床において重要な薬剤が示されているものの、このB群にはアジスロマイシン注が含まれるべきである。
 このガイドラインが発刊されたことで、肺炎のガイドラインが市中肺炎、院内肺炎に加えて3冊となり1)~3)、現場の混乱を招いている。
 またこのガイドラインで示されるC群、D群の治療方針に対しては批判もあり、今後の改訂が求められる。このNHCAPの多くは誤嚥性肺炎であることから、腎機能に影響を与えず、かつ口腔内常在菌にも有効なアジスロマイシン注の効果が期待できる。

文 献
1)日本呼吸器学会市中肺炎診療ガイドライン作成委員会.呼吸器感染症に関するガイドライン:成人市中肺炎診療の基本的考え方.日本呼吸器学会、東京、2000
2)日本呼吸器学会呼吸器感染症に関するガイドライン作成委員会.成人市中肺炎診療ガイドライン.日本呼吸器学会、東京、2005
3)日本呼吸器学会医療・介護関連肺炎(NHCAP)診療ガイドライン作成委員会編、医療・介護関連肺炎診療ガイドライン.日本呼吸器学会、東京、2011

ごんぎつね 続き
ジェイ ホープ インスタ
※学術・研究内検索です。
スキニー ピート
クロス テイル 意味
コンパネ 厚み
サトシ の ルガルガン
サンデン 自販機
コード ブルー 3 無料 動画
ジャズ ドリーム 長島 初 売り 2022
シックス パッド パワー スーツ コアベルト
さ が けい ば
スメルズ 浦添
クレプス キュール ニット 帽