さん ふら わあ クリニック

「U


おれの童貞?欲しけりゃくれてやる! クリックで釣られます 毛細血管がいっぱい詰まってるとこ! こんばんは。 副管理人のカツオです。 夏が終わって一気に寒くなりましたね。 今年僕は死ぬほど蚊に刺されていまして いまだに困っております。 太ったとたんに刺されやすくなりました・・ 美味しそうに見えたのかな・・ っていうクソつまんないあいさつでした 笑 では早速今回のレビュー行きましょう! 今回の作者さんは 潤粋はちみつ さんです! 作品はこちら 冒頭は顔撮りで始まります。 駅のホームで電車待ち中の 可愛らしいJKを発見です。 少しギャルっぽい見た目ですが 親しみやすそうな雰囲気もありますし 実はけっこう 真面目な娘かもと 色々と想像が膨らむ見た目です! バレない様に隠し撮りをして 一緒に電車に乗り込んで対面から観察しましょう! ねえ全然真面目な娘じゃないじゃん・・ この脚の開き方は 頭が悪すぎるよ・・ スカート履いてるの忘れてます? いや仮にスカートじゃなかったとしても こんな 昭和のチンピラみたいな座り方 令和の女の子がしちゃダメだよ・・ まあ水色のシンプルなパンツが 丸見えなのはうれしいけどさあ・・ でも対面に人が居る事には気づいてるはずだし もしかして見せつけてる・・? だとしたら話は違うよ! 思う存分カメラに収めさせてもらい 存分に楽しませてもらいましょう! って、わあ ばれてる めがあった 流石に脚を閉じてしまい こちらをチラチラ見ながら怪訝そうな女の子。 きっとこの後駅員にチクられて 人生が終わってしまうんだろうな・・ と思っていたら何やらニヤニヤして こちらを見ていますね・・ 男性が捕まるところを想像して 嘲笑っているんでしょうか・・ 本当にこの世には摩訶不思議な出来事が 色々とありまして どういうつもりなのかこの娘 またもや思いっきり開脚して もう一度パンツを見せてくれました。 これで確信が持てましたね この娘はパンツを見せつけています。...


昭和学院高等学校卒業。 と言う事で!! 荻野目慶子さんのプロフィールや略歴をパパっとご紹介したいと思いますっ! 1964年9月4日生まれの現在53歳、熊本県出身で血液型はA型だそうです。 だって女優になるんですから。 実姉はコピーライターをしていた。 1979年に舞台「奇跡の人」のヒロイン役(ヘレン・ケラー)のオーディションに合格をしたことをきかけに本格的に芸能活動開始をしています。


「U" title="わあ クリニック ふら さん">
。 。 。 。 。


。 。 。 。 。


。 。 。 。
2021年11月27日(土)
【オンライン開催】
zoomウェビナー形式

 

 サマーズイブ フェミニン ウォッシュ センシティブ    ケツメイシ の 友よ

スーパー コピー 時計 買っ て みた
9:20~9:30 開会挨拶 (発表・質問時の注意事項等)
                   (実行委員長/群馬大学大学院理工学府教授)網井秀樹

 セッション1ー 9:35-10-35
    座長:新潟薬大 中村豊、(副)群馬大 菅野研一郎
A01 9:35-9:50  ヘミアミナール誘導体を用いる芳香族ペンタフルオロエチル化反応の開発
(群馬大院理工)〇三村拓豊、岳思辰、杉石露佳、網井秀樹
A02 9:50-10:05  鈴木-宮浦反応によるビスアジン類合成のための高活性パラジウム/銅協働触媒系の開発
(新潟大院自然、新潟大工)〇木村雛乃、佐々木佑希、鈴木敏夫、星隆
A03 10:05-10:20  3座ピンサー型ニッケル錯体を用いたスチレン類のヒドロシリル化反応
(横浜国大院理工、横浜国大院工)〇石丸峻耶、塩田啓介、橋本徹、山口佳隆
A04 10:20-10:35  フッ化ベンゾイルとトリエチルシランのパラジウム触媒反応における置換基の影響
(東京理大理工)〇林瑞穂、輪竹宏哉、荻原陽平、坂井教郎

休憩

セッション2ー10:45-12:00
    座長:東工大 田中健、(副)味の素 髙柳大
A05 10:45-11:00  四員環α-アリールアミノ酸の求核的開環による三級ハロゲン化アルキル合成
(新潟大院自然、新潟大理)〇川井康平、田山英治
A06 11:00-11:15  銀/ThioClickFerrophos錯体触媒を用いた環状イミノニトリルとエノンの不斉Michael付加反応
(中央大院理工・中央大理工)〇荒城春奈、金本和也、福澤信一
A07 11:15-11:30  酸性・塩基性官能基により内部修飾されたオリゴフェニレンリングの合成
(東工大理、東京理大理)〇石川智貴、田中優靖、河合英敏、後藤敬、小野公輔
A08 11:30-11:45  2,6-二置換フェニル基を有する炭素-窒素軸不斉スルホンアミドの触媒的不斉合成と不斉反応への応用
(芝浦工大工)〇豊田竜也、深澤颯汰、中村千里、菊池裕貴、北川理
A09 11:45-12:00  ビフェニルヒドラゾノエステル類のアトロプ異性に関する性質およびFischerインドール合成
(工学院大院化)〇直井一樹、大竹薫、安井英子、南雲紳史

昼休み(60分間)

セッション3ー13:00-14:00
    座長:横浜国大 山口佳隆、(副)群馬大 武田亘弘
A10 13:00-13:15  新規アルキルスルホニウム塩の合成と炭素―炭素結合形成反応への応用
(明治薬大) 〇山本加偉、高木愛里、伊藤元気、樋口和宏、杉山重夫
A11 13:15-13:30  素粒子ミュオンを用いたMes*チオホルムアミドのラジカル反応解析
(東工大物質理工・TRIUMF)〇赤間ひかる、小嶋健児、Iain McKenzie、伊藤繁和
A12 13:30-13:45  2-アリール-1,3-ジメチルベンズイミダゾリンによるα-ハロカルボニル化合物からのラジカル発生と酸素分子捕捉・還元のワンポット化
(新潟大院自然、新潟大理) 〇大森一輝、長谷川英悦
A13 13:45-14:00  脱離基の選択的な変換が可能なジスルフィドプラットフォームの開発
(中央大院理工,中央大理工)〇浅沼隼人、金本和也、渡邊時春、福澤信一

 

セッション4ー14:05-15:05
    座長:群馬大 中村洋介、(副)群馬大 杉石露佳
A14 14:05-14:20  フッ素化イソベンゾフランとアセナフチレンの環化付加反応
(群馬大院理工)〇帆足享矢、関根雅理、杉石露佳、網井秀樹
A15 14:20-14:35  CF3銅錯体を用いたβ-シリルポルフィリンの位置選択的なトリフルオロメチル化反応
(明治薬大)〇岡本明莉、林賢、鍋倉涼斗、野地匡裕、高波利克
A16 14:35-14:50  フェノール類が配位したスズ(Ⅳ)ポルフィリンの合成
(都立大院理)〇和田真梨子、Shahed Rana、平林一徳、西長亨、清水敏夫、杉浦健一
A17 14:50-15:05  高校の理科室で実施可能なインジゴ誘導体の合成とその化学構造と色の関係
(群馬大教育、神奈川工大応用バイオ)〇日置英彰、小島知也、鈴木悠一、野田毅

休憩

セッション5ー15:15-16:15
   座長:東工大 中村浩之、(副)群馬大 菅野研一郎
A18 15:15-15:30  ホモアレニルボロン酸エステルを経由した1,3-ジエンの新規合成法開発
(東農工大院工)〇坂本良太、小田木陽、長澤和夫
A19 15:30-15:45  α-シリルスチレン類の金属カルシウム還元シリル化反応
(長岡技科大院工)〇根岸拓人、張田原、前川博史
A20 15:45-16:00  可視光吸収触媒ベンズイミダゾリウムアリールオキシドを用いた有機基質の一電子還元を経るラジカル中間体発生と捕捉
(新潟大院自然、 新潟大理)〇木内雄大、田中司、長谷川英悦
A21 16:00-16:15  スチレンキャスト膜の固相光重合反応を用いたSiウェハーの撥水化
(新潟大自然研)〇北澤悠人、池田直人、臼井聡

休憩

特別講演 16:25-18:15
S01 16:25-17:15
座長:群馬大 久新荘一郎、(副)群馬大 網井秀樹
未来への準備~今、学生の皆さんに伝えたいこと~
生頼一彦 先生(関東支部長・日産化学)
S02 17:25-18:15
座長:工学院大 南雲紳史、(副)群馬大 網井秀樹
ベンズイミダゾリンとベンズイミダゾリウムのレドックス特性に基づく光還元剤および光還元触媒の開発
長谷川英悦 先生(新潟大)
  
閉会挨拶 18:15 ~ 閉会挨拶(実行委員長/群馬大学大学院理工学府教授 網井秀樹)
コロナ 同居 家族 隔離 期間
コンフィデンス マン jp プリンセス 編
9:20~9:30 開会挨拶 (発表・質問時の注意事項等)
                  (実行委員長/群馬大学大学院理工学府教授)網井秀樹

セッション1 ー 9:35-10-35
    座長:群馬大 日置英彰、(副)星薬大 眞鍋史乃
B01 9:35-9:50  ボラFriedel–Crafts反応を利用したカルバゾールを含む1,2-アザボリン誘導体の合成とその物性
(群馬大院理工)〇山本浩司、山田樹、亀山大、中村洋介
B02 9:50-10:05  ビピレノールの化学修飾とそれらの分光学的性質
(都立大院理、近代院理工)〇酒井和佳奈、西長亨、岡田華奈、今井喜胤、杉浦健一
B03 10:05-10:20  2‐ベンジルオキシナフタレンのアルコール中の光反応で生成したイオン対の反応に対するベンジル基上の置換基効果
(新潟大院自然)〇鹿野朔太郎、衣川千尋、大倉彩花、猪彩奈、臼井聡
B04 10:20-10:35  塩基促進型Sommelet-Hauser転位によるピリジン環炭素-炭素結合形成
(新潟大院自然、新潟大理)〇清水郷主、中尾綾、田山英治

休憩

セッション2 ー10:45-12:00
    座長:群馬大 松尾一郎、(副)群馬大 杉石露佳
B05 10:45-11:00  グッチフェロンAの全合成研究
(慶大理工)○七瀧智俊、青木太祐、小椋章弘、高尾賢一
B06 11:00-11:15  C11位に第三級水酸基を有するSTX誘導体の合成と活性評価
(東農工大院工、東北大院農、産総研創薬分子、筑波大医学医療)〇濡木絢斗、高柳優夏、石塚颯、広川貴次、千葉修、此木敬一、山下まり、長澤和夫
B07 11:15-11:30  固相上でのPictet-Spengler反応を鍵とするaculeine類の合成研究
(横浜市大院生命ナノ)〇高木紗羅、若林稜也、入江樂、及川雅人
B08 11:30-11:45  カスタムメイド型光学活性ピロリジルアントラニル酸触媒を用いるニトロアルケンのエナンチオ選択的Michael反応
(千葉大院理)〇岡紫、森山克彦
B09 11:45-12:00  キラル銀錯体触媒を用いるイミノエステルと2,3-ジオキソピロリジンとのexo'-選択的不斉[3+2]環化付加反応
(中大院理工、中大理工)〇古屋翔平、金本和也、福澤信一

昼休み(60分間)

セッション3 ー13:00-14:00
    座長:慶大 高尾賢一、(副)群馬大 山本浩司
B10 13:00-13:15  重水素-軽水素識別に基づく同位体アトロプ異性キナゾリンチオンの合成
(芝浦工大工)〇三輪翔太、齋藤和哉、北川理
B11 13:15-13:30  光ラセミ化反応を利用したキラルなスルホキシドの供給法の開発
(東京理大薬、都立大院理、帝京大薬、東大薬)〇牧野宏章、斗沢紅美、田中優希、稲垣昭子、田畑英嗣、忍足鉄太、夏苅英昭、高橋秀依
B12 13:30-13:45  エンド型糖加水分解酵素の活性検出に向けた複合型糖鎖分子プローブの合成
(群馬大院理工)〇石井希実、高橋諭、佐野加苗、佐藤樹、松尾一郎
B13 13:45-14:00  磁場による薬物徐放を志向したポリマーコーティング酸化鉄ナノ粒子の開発
(東工大生命理工、産総研、東工大化生研)〇高島由佳、髙安聡子、岡田智、中村浩之

 

セッション4 ー14:05-15:05
    座長:東京理大 斎藤慎一、(副)群馬大 山本浩司
B14 14:05-14:20  PS3型三脚型四座配位子を有する0価パラジウム錯体の合成とその性質および触媒反応への応用
(群馬大院理工)〇中村亮太、武田亘弘、海野雅史
B15 14:20-14:35  ハロゲン化アゾールの配位から触媒を保護するかさ高い配位子の開発と鈴木-宮浦反応への応用
(新潟大院自然、新潟大工)〇髙橋璃空、阿部拓哉、鈴木敏夫、星隆
B16 14:35-14:50  3座ピンサー型ニッケル錯体におけるβ-アミノケトナト骨格の修飾とビアリールクロスカップリング反応
(横浜国大院理工、横浜国大院工)〇沼里征樹、橋本徹、栗原庸次、山口佳隆
B17 14:50-15:05  ルテニウム触媒を用いたヒドロシリル化によるエチル置換ジヒドロオリゴシランの非対称化反応
(群馬大院理工)〇川和田優香里、菅野研一郎、久新荘一郎

休憩

セッション5 ー15:15-16:15
    座長:群馬大 海野雅史、(副)群馬大 武田亘弘
B18 15:15-15:30  ヨウ素を用いたジスルフィドとビニルシランからのジチオアセタール合成
(東京理大理工)〇福田くるみ、荻原陽平、坂井教郎
B19 15:30-15:45  ヒドリド転位型C(sp3)-H結合官能基化を利用したテトラリン含有スピロオキシインドールの高ジアステレオ選択的合成
(東農工大院工)〇酒井暖、町田瑞樹、森啓二
B20 15:45-16:00  3,4-ジオキシチオフェン4量体が結合した金微粒子の合成と性質
(都立大院理)〇小泉智也、松尾一樹、杉浦健一、西長亨
B21 16:00-16:15  二核Au(I)ジアリール錯体の動的なトランスメタル化の速度論的解析と環状分子合成への応用
(東京理大理)〇吉越裕介、土戸良高、河合英敏、斎藤慎一

※16:25-18:15 A会場にて特別講演、閉会挨拶があります。

[発表に関する問合せ]
群馬大学大学院理工学府
同シンポジウム実行委員会
網井秀樹

e-mail:yugoka.kanto@gmail.com

[その他 問合せ]
101-0062千代田区神田駿河台1-5
有機合成化学協会関東支部
e-mail:syn.org.chem@tokyo.email.ne.jp